環境方針
1.基本方針
三菱マヒンドラ農機株式会社は、環境保全への取り組みを会社経営の最重要課題のひとつと位置づけ、事業活動のあらゆる面で、環境への負荷の低減に努めるとともに、当社の技術力を結集して環境保全に繋がる技術や製品を開発・提供することにより、持続的発展が可能な社会の構築に貢献する。
2.行動指針
(1)全社をあげて、環境保全への取り組みを推進するため、『環境委員会』を設置し、環境保全に関する役割と責任を明確にする。
(2)事業活動が環境に与える影響を的確に捉え、技術的・経済的に可能な範囲で、環境保全活動の継続的な改善に努めるとともに、地域社会との協調をはかる。
(3)環境関連法規、条例及び協定等を順守するとともに必要に応じて自主基準を定めて運用、評価する。
(4)環境配慮型製品の開発・製造・販売を行うとともに、環境配慮型製品の使用を通じた環境への負荷低減をはかれるようにPRを推進する。
(5)サイト内におけるあらゆる事業活動の領域で汚染の防止に努めるとともに、次の項目を優先的に取り組み、環境への負荷の低減に努める。
1)環境事故防止の推進
2)省エネルギーの推進
3)温室効果ガスの排出抑制
4)廃棄物の発生抑制、再使用、リサイクルの推進
(6)この環境方針達成のため、環境目的・目標を設定し、全社員をあげて環境保全活動を推進する。また、環境目的・目標を定期的に見直し、必要に応じて改訂を行う。
(7)環境教育、社内広報活動等を通じて、サイト内の従事者に対し、環境方針の理解と環境に関する意識の向上を図る。
(8)海外の事業活動および製品輸出に際しては、現地の自然・社会環境に与える影響に十分配慮し、環境保全に努めるとともに、海外への環境保全技術協力にも積極的に取り組む。