TOP > ミニ耕うん機・管理機 >  MM300A
MM300E/MM300A
MMR series Line UP 諸元表 カタログ請求
MM300ENU
MM300AB
MM300ARBU
コンパクト&簡単なうね立てOKのMMシリーズだったら、機械初心者のわたしも楽々作業!しっかり耕せる耕うん幅と豊富なアタッチメントで、本格派だって納得の1台です♪
MM series Line UP
排ガス3次規制に適合した新型GBエンジンを搭載。排気に含まれる有害物質の排出をさらに低減した、作業者と環境に優しいエンジンです。
おいしい野菜づくりに欠かせない、うね立て作業。別売のうね立て器がなくても簡単なうね立てができる「らくらくうね立て」仕様が登場。
簡単に取り付け・取り外しできる「うね立てパネル」を利用すれば、手軽にうね立て作業ができ、とても便利です。(U仕様)
耕うん爪径はφ295oと本格派。
深くしっかり耕うんができ、仕上がりに差がつきます。
後進付き仕様なら、四隅の切返しも楽々。大型表示パネルで、変速操作も簡単です。(MM300A R仕様)
移動に便利な移動尾輪を装備。作業状態からの切替も簡単にできて、畑の移動も楽々。
簡単にエンジンスタートできる、
便利なミラクルスタート*を装備。
リコイルロープを軽く引っ張れば
エンジン始動できます。
上下調整付のハンドルで、作業姿勢に合ったポジションに調整可能。
MM300Aは回動機能付でさらに便利。耕うん跡を踏まずに作業ができます。
握れば作業スタート、離せば作業がストップ。握りやすいスリムな形状で、操作は簡単&初心者も安心です。(D仕様はリターンクラッチ)
燃料キャップは大型で握りやすく、給油の時に楽です。
エンジン停止はボタンを押すだけで、簡単・安心。(MM300Aのみ)
ロータリ軸に直接草が絡みづらく、ロータ部にすき間があるので楽々取り除けます。
(MM300A B仕様)
ハンドルのノブをゆるめるだけで簡単に折り畳みでき、省スペースで収納できます。車での移動時等にも、便利です。
草巻付き防止装置
豊富なアタッチメント
アタッチメントがあれば、耕うんに加えてうね立てや整地などもできます。野菜づくりをさらに楽しむために、便利なアタッチメントもどんどん活用しましょう!
●調整ハンドルを回して、スキ先の高さを調整
   浅くする時…スキ先を上げる
   深くする時…スキ先を下げる
1.ロータで耕うんした深さだけ作業機が下がる(約5〜10p)ことを想定して調整する。
2.必ずロータの爪と作業機は接触しないように調整する。
3.作業機先端(スキ先)は、耕盤から約1〜3p上げる。
4.尾輪付作業機の場合、作業機底面からの尾輪の出しろは約1〜2pに調整する。
5.実際にうね立てを行ない、微調整する。
ニューイエロー培土器 尾輪付
アポロ培土器 Bプラス尾輪付
グリーン培土器 尾輪付W
ミニアポロ培土器 Bプラス尾輪付
パープル培土器
ワイドアポロ培土器 Bプラス尾輪付
ブルー溝浚器 尾輪付
プラ溝浚器 Bプラス尾輪付
スーパーグリーン畦立器
偏芯器付片培土器
培土車輪
中耕車輪
培土けん引車輪
スーパー整地レーキ70
スパイラルロータ
スパイラル用抵抗棒
畦切り器DX2
整地レベラー700
ブルースパイラル650
畦切り器DX2用移動タイヤ
ミラクルロータ
ニュースターロータDX(650)
移動タイヤセット
移動タイヤ(標準ロータ用)
移動用双尾輪DX
回転ヒッチ
リアキャリアセット