TOP > ミニ耕うん機・管理機 >  MMR400A
MMR400A/MMR600A
畑作業・移動・収納も!らくらく機能満載!
らくらく操作で使いやすくて仕事が早い!
豊富なアタッチメントで多彩に活躍!
MMR series Line UP 諸元表 カタログ請求
MMR400AUN
MMR600A
MMR600AL
土揚げ・うね立てができ手頃な価格
うね間の除草・中耕作業もOK
本格的な耕うんができ、
手軽にうね立てできる!
大径タイヤで強い牽引力を発揮。
地上高が高く、うねくずしにも最適!
MMR600AR
MMR600AN
MMR600AUN
本格的な耕うんができる
ダッシングしないので安心!
本格的な耕うんができる!
固めの畑にも強いナタ爪採用
プロにもおすすめ!土揚げ・
うね立てから畑の管理作業まで
畑作業・移動・収納も!らくらく機能満載!
50o耕幅で効率バツグン
W正逆転ロータリで固い畑への飛び出しを防ぎ、安心して作業できます。 また耕うん始めから土への食い込みがよく、深く耕せます。(R仕様)
「その場で耕す」レンジにすれば、畑の四隅もしっかり耕せます。
培土器なしで簡易うね立てOK
尾輪を効かせて培土してもOK。
土質によって「尾そり」「尾輪」二通りの方法が可能です。
本格的な培土器がなくても、尾輪ステーを下げるだけで簡単に簡易うね立てができます。
押すのもらくらくスイスイ進む!
尾輪を下せば畑への移動もらくらく。軽い力でスイスイ移動できます。
らくらく操作で使いやすくて 仕事が早い!
培土もらくらく
ロータリサイドカバーが開閉し、培土作業時に余計な土が横から逃げ、きれいで高いうねが立ちます。
「動かす・止まる」操作がカンタン
握れば耕うん、離せば停止のデッドマンクラッチレバーで、操作が簡単です。 また万一の際には大型のエンジン停止スイッチを押せば、すぐにエンジンがストップします。

デフロックレバーを手元に配置。
レバーを握ればデフロックになり、握った状態でロックされます。旋回時には、もう一度握れば解除できます。

体格や作業条件に合わせて、ワンタッチでハンドル高さを4段階に切替可能。操作はレバーで簡単にできます。旋回時はハンドルを下げると、スムーズにターンできます。

メンテナンス性・収納
ロータリサイドカバー開閉
ロータリサイドカバーが開閉するので、アタッチメントの取り付けや、掃除の時に便利。
ロープ穴付きウエイト
ウエイトには、車載時に機体をしっかりと固定するロープ専用穴がついています。
オイルバス式エアクリーナ
ホコリが多くても吸気をクリーンに保つオイルバス式エアクリーナを採用。
ボンネット脱着
ボンネットはワンタッチで脱着でき、プラグのメンテナンスも簡単です。
泥詰まり防止キャップ
爪軸への泥の侵入を防ぐキャップを装備。作業の切替がスムーズに行えます。
(U仕様)
コンパクト収納
ハンドルを折りたため主変速レバーもワンタッチで脱着できるので、屋内でもすっきり収納できます。
うね立てから土揚げ・中耕除草まで
ロータリカバーとロータリサイドカバーの角度調節で、多様なうね形状に対応できます。
本格的な土揚げができる土揚爪採用で、さらに使いやすくなり、爪の耐久性も大幅アップ。
豊富なアタッチメントで多彩に活躍!
調整ハンドルを回して
スキ先の高さを調整
浅くする時…
 スキ先を上げる
深くする時…
 スキ先を下げる。
尾輪
スキ先
1.ロータリで耕うんした深さだけ作業機が下がる(約5~10cm)事を想定して調整する。
2.必ずロータリの爪と作業機が接触しないように調整する。
3.作業機先端(スキ先)は耕盤から約1~3cm上げる。
4.尾輪付作業機の場合、作業機底面からの尾輪の出代は約1~2cmに調整する。
5.実際にうね立てを行い、微調整する。
培土・うね立て/一台で内盛りと外盛りできる
培土・うね立て/丸形のうねをたてる
培土・うね立て/台形のうねをたてる
大豆の土寄せ/大豆の根を傷めず土寄せできる
溝堀り・土揚げ/ハウス内の植付床作りや土入れ・土寄せに
除草/広い場所の除草に