TOP > コンバイン >VCH650
MRシリーズ
今までになかった馬力とサイズで、プロに新たな作業スタイルを提案。
コンパクトな機体で機動性抜群でありながら、
水稲刈取を可能にしたNEWスーパーeスレッシャー。
もちろん、大豆をはじめ幅広い作物収穫にその威力を発揮します。
随所に搭載した三菱独自機能が、あらゆる作業シーンでお客様の理想を叶えます。

方向指示灯・前照灯を装備しています。保安基準に適合した機体設計でほ場間移動もスピーディーにこなします。
※大型特殊自動車運転免許が必要です。

自脱型コンバイン5 条刈の刈幅で、刈取最高速度1.0m/s を実現。厳しい設計基準をクリアした選別で、ロスを抑えた収穫作業が可能です。
※刈取速度は条件により異なります。

機体重量約3.7 トン( キャビン仕様)。
機体輸送が容易で、作業能率が向上。コンパクトボディで小区画圃場での作業性も抜群です。
※1:国内最小汎用コンバイン:水稲が刈れる汎用コンバインとして国内最小(2012 年5 月現在 当社調べ)

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得





倒伏材刈取時は主変速レバー上の倒伏刈スイッチを押すと、リール位置・回転を倒伏刈取に最適な状態に自動セット。部分倒伏でもノンストップ&ワンタッチでスム- ズに刈取できます。再度スイッチを押せば、リールは元の作業状態に戻ります。
倒伏材刈取時は主変速レバー上の倒伏刈スイッチを押すと、リール位置・回転を倒伏刈取に最適な状態に自動セット。部分倒伏でもノンストップ&ワンタッチでスム- ズに刈取できます。再度スイッチを押せば、リールは元の作業状態に戻ります。
1700mmのワイドな刈幅と外径1000mmのリール、
掻き込み性能に優れたプラットホームオーガにより
高能率な作業を実現します。



引起し性能に優れたバネ式タインを採用。バネ材が穀粒にやさしく作用するため、ヘッドロスを軽減します。負荷を適度に逃がすので、破損も少なく高耐久です。


フィーダ駆動軸にワラ巻付きなどを防止するため、巻付防止板を装備しています。


引起し性能に優れたバネ式タインを採用。バネ材が穀粒にやさしく作用するため、ヘッドロスを軽減します。負荷を適度に逃がすので、破損も少なく高耐久です。


リール回転速度は車速に合わせて増減速しています。また、作物の状況に応じてリール回転速度の増減をダイヤルで任意に調整できます。刈取適応範囲が大きく、最適な刈取作業が可能です。刈刃・オーガ・フィーダは常に最高回転で駆動するので低速刈り時も詰まりの心配がありません。
穀稈丈に合わせてリール高さをワンタッチで調整できます。
倒伏程度や穀稈ボリュームに合わ
せてリールを前後に調整できます。
凹凸のあるほ場ややわらかいほ場でも、地面から
一定の高さで刈取りできるので土のすくい込みを防ぎ、
大豆等の汚粒を軽減します。
※刈高さポジションコントロールは標準装備。
刈り終わりに「クイックセット」を使用すれば、歓待操作でプラットホームとリール隙間を自動調整。稈こぼれを防止できます。
刈り始めに「クイックセット」を使用すれば、設定位置に刈取部を自動セット。スムーズに刈り始める事ができます。


倒伏材刈取時は主変速レバー上の倒伏刈スイッチを押すと、リール位置・回転を倒伏刈取に最適な状態に自動セット。部分倒伏でもノンストップ&ワンタッチでスム- ズに刈取できます。再度スイッチを押せば、リールは元の作業状態に戻ります。

ロータ外周に取り付けたスクリューで、作物を傷めずに脱穀します。穀粒を抑えつけることなくやさしくきれいに脱穀できます。さらに「超硬歯」を採用しているので初期性能が長時間持続し、こぎ歯交換の手間が削減できます。

ロータ回転は、レバー操作で「高速・低速」の切替が可能です。刈取作物切替もプーリ・ベルト交換不要なので簡単に行えます。

選別状況に応じてトウミ風を5段階に調節できます。



脱穀・選別した穀粒の揚穀にはバケットコンベア・スラットコンベアを採用しました。傷みやすい大豆なども優しく確実に搬送できます。

脱穀クラッチ・刈取クラッチは、ボタンタッチで
簡単入・切操作。キースイッチ「OFF」時は自動
でクラッチも「切」になる安全機能も装備しています。

揺動板のフィン開度は、ワンタッチダイヤル操作。選別の状況を見ながらオペレータが必要な時に、座ったまま調整できるので、きめ細かな対応が可能です。



ロータ上側に可動式の送塵ガイドを6 枚装備しています。脱穀内の一時的な過負荷を適度に逃がし、穀稈・穀粒をロータ後部へ運びます。脱穀部内での過度な滞留を抑制できるので、スムーズな作業が可能です。また、送塵ガイド周辺に脱穀に最適な「空間」を設けることで、脱穀性能の向上と、詰まりを防止します。

送塵ガイドは条件に応じて回動負荷を個別に設定できるので、
材料適応条件が広く、スムーズに作業できます。
送塵ガイドは設定位置で、 材料をしっかり読みほぐします。
送塵ガイドが回動し、滞留した材料を一時的に逃がし、エンジンドロップを防止します。
直進性に優れ、旋回もスムーズに。条合わせもピッタリ決まります。 小回りできるスピンドライブターンも装備しているので、 枕地刈も少なくできます。
ほ場の起伏などを感知し、自動的に車体を水平に保つ「機体水平制御」と刈取部をうねに対して自動で平行に制御する「対地平行制御」。ほ場や刈取作物によって切替できる2つの制御機能で安定した刈取作業ができ、高精度脱穀・選別性能を発揮します。
キャビンの死角となる機体後方をモニタで確認できるので安全に作業できます。キー「ON」で起動するのでエンジン始動時も安心です。オプションのオーガ先端カメラを取り付ければ、排出状況も確認できます。
機体条件が一目で確認できる大型モニタを採用。従来からの負荷ランプ・エンジン回転・燃料計に加え、車速表示を追加。ほ場に最適な速度で刈取でき、性能を最大限に活かした刈取作業が可能です。
グレンタンクが満杯に近づくとウィンカーランプが点滅し、離れた場所にいる補助者へ分かりやすく知らせます。収穀状況が確認でき、オペレータとの連携が取りやすく、効率良く排出作業を行えます。
フラップの開閉で排出位置を微調整できる便利なフラップカバーを採用。
籾の排出状況を確認しながら大切な穀粒を確実にコンテナを移します。
排稈を切断しほ場に均等に拡散できるから、後行程での耕うんがらら楽になります。
切断せずに排出することも可能。
シート後方に有線リモコンを装備しているので、排出状況を確認しながら楽な姿勢で操作できます。
機体から離れた場所から操作できるから排出作業がスムーズ。
揚穀部に詰まりセンサを設置し、万一の詰まり時に大切な穀粒を摩擦による損傷から守ります。
安全作業のため、合計5 灯(キャビン車は7灯)の作業灯を装備。暗所での視界確保に役立ちます。刈刃上側や、デバイダ先端も照らせるので、夜間作業も安心です。