FOR THE FUTURE

農業の未来を切り開くアシスト機能

農業機械等緊急開発事業(緊プロ)による農研機構との共同開発

技術の進歩が明日の作業を、
農業の未来を変える。
低コスト操舵アシスト装置SMARTEYEDRIVE。

うね作り作業は作業体系の基本。まっすぐで等間隔のうね作りは播種・管理・収穫作業の機械化への
第一歩です。低コスト、簡単操作で手軽にトラクタの直進操舵をアシストしてくれる
SMARTEYEDRIVE 。新しい農業の幕開けです。

  • ±5㎝以内
    ※作業状況により精度が保てない場合があります。
  • GPS不使用
    電波状況に左右されません。
  • 通信費等不要
    ランニングコストなし
  • 後付け可能
    ※キャビン仕様のみ。取付できない機種もあります。

本当に必要な技術を求めて

使う人の立場に立ったものづくり、それは想像することではなく行動することである。
自ら土の上に立ち、耕すことで見えてくる
まっすぐ走るという当たり前のことが簡単ではない現実。
私たちの使命。それは命の種を蒔き、技術のタネを発見すること。
私たちは本当に必要とされる技術を求めて、今日も、ものづくりを行っていきます。

COMPOSITION

直進サポートを実現するメカニズム

快適操作をシンプルに、安全措置も付いて安心です。

単眼カメラ 画像処理ユニット

カメラ・プロセッサが一体化した小型モジュールを採用。カメラ映像から直進・追従作業時の進行方向の『ズレ』を検出し、操舵装置に指示を出します。

ステアリングユニット

カメラ映像からの操舵指示を受け、内蔵のモータで操舵をアシストします。ステッピングモータ採用により超低速時でも安定した制御が可能です。

ステアリングセンサ

フロントアクスル上部に取り付けたセンサで、操舵アシスト時の前輪の切れ角を検出します。

操作パネル

遠景直進ボタン
主に1行程目の直進作業時に使用します。
前方の風景を目標に直進操舵します。
感度調整ボタン
アシスト時のステアリングの
操舵感度を設定します。
認識リセットボタン
長押しすることで認識した画像を
リセットできます。
追従ボタン
追従作業の種類を選択します。
動作ON/OFFスイッチ
ステアリング内蔵モータの動作を
ON/OFFするスイッチです。
安心の安全装置
操舵アシスト中に作業者がハンドルをきると、アシストが解除される安心設計。万一の時も安心です。また、車速が4.2km/h以上になると操舵アシストが解除されます。

PERFORMANCE

追求した直進性能

画像やマーカーで進行方向をしっかり確認、正確な作業が可能に。

Wi-Fi機能搭載

お持ちのスマートフォン等とWi-Fi接続すれば、
進行方向を画面上で確認できます。

基本作業は2種類

遠景直進機能

主に作業初めの1行程目に使用します。カメラ前方にある遠くの景色の目標地点と、前進スタート地点を結んだ直線上に機体をコントロールして進む機能です。

前行程跡追従機能

主に2行程目以降に使用します。前行程の作業跡に沿って、機体をコントロールして進む機能です。

※車体中央線と認識線を見やすく加工しています。
画像はスマートフォン等でご確認いただけます。

便利なアタッチメント

フロントマーカー(別売)

前行程との距離合わせがしやすくなるフロントマーカーをオプションでご用意しました。

擬似体感SMARTEYEDRIVE。
360° 動画

神経を使う直進作業、これを見るとまっすぐ走ることが簡単に感じてしまうかも。
作業風景を360°動画でご覧いただけます。

主要諸元

※1耕盤の凹凸状態や周囲の環境によって精度が低下する場合があります。
*スマートアイドライブは操舵アシスト装置であり、自動運転装置ではありません。使用中は運転席を離れないでください。
*SEDはほ場外では使用しないでください。また、ほ場外では必ず【動作ON/OFFスイッチ】をOFF状態にしてください。

推奨作業一覧表

*曲線状の追従作業は半径400m以上の曲率で追従走行が可能です。
ただし、曲線作業の場合、行程間隔の偏差は10㎝を超える場合があります。
詳しい内容につきましては、三菱農業機械取扱店へご相談ください。

適合作業環境

①50~200mの直線作業が可能な畑作ほ場
②傾斜のない平坦なほ場
③正面方向に特徴的な景色のあるほ場

不適合作業環境

①夜間作業 ②雨天作業 ③濃霧
④水面(代掻き等の水をはる作業) ⑤逆光
⑥地平線だけのような正面目標のないほ場
⑦高低差・左右傾斜のある丘陵地
⑧カメラ前面のガラスが汚れている場合
⑨未耕地(荒起こしが必要)