EAGLE DESIGN

誇り高きスリーダイヤとの融合
EAGLE DESIGN

大地をしっかり掴む鋭い爪、大きな翼で羽ばたく逞しい姿。イーグルデザインは三菱農業機械の新たなスタンダードとして、
鷲の生命力あふれる力強さと安定感、耐久性をイメージし誕生しました。
スリーダイヤの持つ「伝統」と「誇り高さ」を重ね、洗練されたニューデザインで理想のカタチを追求していきます。

Lead to Pleasure~大地を走る歓び~

「私たちは農業の未来を信じている」その思いは、人と農業の理想のカタチとなる。
どこまでも続く未来にどれだけ素晴らしいカタチを描けるだろうか。
私たちはイーグルデザインを通して、人と農業の未来を見つめ大地に新たな歓びを創造する。

開発者が探求したEAGLE DESIGN

INTERVIEWインタビュー

新しいデザインに向けて動き始めたのは3年程前のこと。
社内で「三菱マヒンドラ農機のプレゼンスを高めるために、デザインは今後どうあるべきか?」という議論があり、コンセプトやデザインの統一に向けた取り組みがスタートしました。

「それまでトラクタや田植機のデザインは、個々の機体ごとに行っており、シリーズのイメージや流れをデザイナーがそれぞれ解釈してデザインしてきました。そのため、目新しさは出しやすいのですが、ひと目で当社製と分かってもらえるような統一感はありませんでした。」

「海外でも知名度があるエンブレムのスリーダイヤを効果的に使いつつ、統一したデザインやスタイリングを探るなかで、デザイン課ではコンセプトワークとして、自社のイメージを言語化して見直しました。」

インタビュー

左側:開発・設計部 デザイン課主任:渡辺利宣
中央:開発・設計部 デザイン課長 :馬場馨一
右側:開発・設計部 トラクタ1課長:渡部英知

「近年ではデザインや品質面において、ユーザーの要求水準が上がっています。特に今回のデザインでは、組み上げ精度や外観の仕上がりにこだわりを持っており、耐久性や生産効率とのバランスを各チームと話し合い、頑張ってもらいました。単なる農機具としてではなく、乗用車のようにデザインにも愛着を持って使っていただけたら嬉しいですね。」

農業機械の概念を超えるデザイン性

POWER AND PRIDE~新たな未来が切り開かれる~

伝統と技術力を象像するスリーダイヤをフロントマスクの中心に配し、鷲の口ばしからイメージしたノーズ。鋭い目をヘッドライトやシルバーのラインで強調し、鷲の気高さを表現。細部にまでこだわり洗練された雰囲気は、全てのオーナーの誇りとなる。

受け継がれるスリーダイヤの遺伝子

鷲の凛とした姿からは
[技術や伝統への自信と誇り]を
大きな翼は[グローバルな企業像]を

PRIDE&GLOBAL

鋭い爪や口ばしからは
[パワフルで耐久性に優れた製品群]を
ヒトの8倍もある視力については
[洞察力や先見性]を

POWER&INSIGHT

MESSAGE

我々はすべてのオーナーに
いつまでも誇り高く大地を走る喜びを感じて欲しいと願っています。
農業の未来を担うオーナーの心を熱くし、
さらなる高みへと向かうパートナーとなるべく、
受け継がれた伝統と革新的な技術で新たなプロダクトの創造を続けていきます。

EAGLE DESIGN
LINE UP

GS
GSseries
GM
GMseries
GA
GAseries
GCR1380
GCR
1380
V216 V218 V318
V216
V218
V318
V465 V565 V475A V575A
V465
V565
V475A
V575A
LE4A
LE4A
LEAD
LEADseries
Go to top